fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜不利な状況でも経営を加速させる原理を公開〜

何かが流行ると何かが消滅するだけ

何かが爆発的に流行るということは

何かがシェアを奪われることになる。

世間はポケモンGOで賑わっていますが

この裏では戦々恐々としている会社も

あるのではないでしょうか。

アプリ業界であったり、広告業界などです。

アプリはユーザーの時間シェアの奪い合いに

なっています。

そこに、ポケモンGOがユーザーの時間シェアを

大きく獲得しそうなのです。

ゲームアプリは毎日ゲームをするような仕組みに

なっています。

またゲームを始めると簡単には止められない

仕組みにもなっています。

それぐらい時間シェアをあらそっているわけです。

シェア争いの地図を一気に塗り替えるかもしれない

現象が起こっている、ということ。

ポケモンGOで、何が儲かるとかマーケティングに

活かせるとか経営について議論が盛んになっていますが

そこは予想しやすい部分です。

逆に何がなくなるのかを想像していきたいです。

 

 

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】

【経営の優先順位とは↓】
 
藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/