スキマ時間に読める経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

スキマ時間に読めるビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

ハイプサイクルとは

ハイプサイクルとは

ハイプサイクルとは

「特定の技術の成熟度、採用度、社会への適用度を示す図」

のことを指しています。
https://www.gartner.co.jp/ja/research/methodologies/gartner-hype-cycle

ハイプサイクル
https://www.gartner.co.jp/ja/research/methodologies/gartner-hype-cycle

新技術が出始めてから、いったんは熱狂的なピークを迎える。

しかし、その後は下降し、底を過ぎると再度上昇し、定着期に至る、というサイクル。

具体的には5つのフェーズになっています。

  • 黎明期
  • ピーク期(過度な期待)
  • 幻滅期
  • 啓発期
  • 生産性の安定器

このフェーズからわかると思いますが、最新テクノロジーはすぐに定着したり、安定するわけではありません。

判断しなければならないのです。

そのため、このハイプサイクルのフェーズのどこにあるのかを判断しながら将来性を見極めていくのです。

超伝導やネットバブルも

超電導や2000年前後のインターネット・バブルもこのサイクルの動きをしている。

ここにきて、IoTがもてはやされているがハイプサイクルで見ると、すでにピークを迎えていると言われている。

ということは、今後はいったん下降サイクルに入ることになる。

まとめ

定着するのは、その後なので、その時期を見極めしなければならない。

経営においては、投資時期を間違わないようにすべき、ということです。