fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

ゼロレーティングになりつつある

smartphone

ゼロレーティングという用語が出てきています。

ゼロレーティングとは「通信サービスの課金対象

から特定のアプリケーションを除外すること」

となっています。

たとえばLINEモバイルでは、LINEやSNSのデータ

通信料がかかりません。

LINE、Facebook、Twitter、InstagramなどのSNSは

課金からはずすカウントフリープランを出しています。

IoTの分野でも同じようなことが起こりそうです。

京セラコミュニケーションシステムが提供をはじめる

通信ネットワークは年額100円の通信料(最低料金)。

少額のため、エンドユーザーには通信料の請求を

しない商品サービスが提供されるようです。

要するに「通信料込」で提供されるわけです。

AmazonのKindle3Gモデル端末が同じ形態。

3G回線でつながっていますが通信料はかからない。

書籍代の中に含まれる、とされています。

データ通信料が劇的に下がるにつれて

ゼロレーティングの商品サービスが急激に

増えるのは必然ですね。

 

【出典】

 

【出張時に撮影した空の写真が300枚超】

【経営の優先順位とは↓】
 
藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。経営セミナー松本考動倶楽部は2014年から登壇し講義80回を超え、2020年からオンライン経営勉強会マナビィーズとしてリスタート。0円コースもあります https://manaby.biz/muryo/