fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜不利な状況でも経営を加速させる原理を公開〜

発想を鍛えるには??

メモ

発想を鍛えるのはどうしたらいいのか?

まずは、発想法から学ぶこと、と

考えていることが多いのではないでしょうか。

決してまちがいではない。

ただ、学ぶだけでは発想を鍛えることに

限界がある。

なぜか?

それは、脳の使い方に「習慣性」があるから。

どうしても同じようなアイデアしか

思いつかないのだ。

そこから脱皮して、さらに上の発想を

ひねり出すには、何が必要なのだろうか?

答えは、

「いままでの自分をやめること」

しかない。

「?」と思った方もいるかもしれない。

「いままでの自分」では結局のところ

同じ場所をぐるぐるまわっているだけに

すぎない。

だから、「いままでの自分」をやめるのだ。

いままでの自分をやめるには、生活も性格も

すべて塗り替えなくてはならない。

たまには痛みを感じるかもしれない。

しんどさを痛感するときもあるかもしれない。

なんでこんなことをしているんだろう、と

疑問がわき出てくるかもしれない。

しかし、そこまでやらなければ発想自体も

変わらないのだ。

今までと同じことをして、同じことを考えているならば

明日からは、「発想を鍛える」という視点で

いままでの自分をやめて、小さいところから

自分を変えていってみることです。

【出張時に撮影した空の写真が300枚超】

【経営の優先順位とは↓】
 
藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/