fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

カメラを再発明

Snapchat(スナップチャット)というアプリについて。

写真を共有するアプリで米国で大人気。

写真や動画を共有することができ、閲覧後は

見ることができなくなる。

画面キャプチャもできない。

そもそもこのアプリのコンセプトは

「写真で会話する」

ということ。

言いかえれば

「瞬間を表現し伝える」

こと。

そのためのツール(アプリ)がSnapchatと

いうことになる。

だから保存機能がない。

保存しなくてもいい。

会話だから。

これがカメラの再発明であると言っている。

カメラを会話ツールにしてしまったからだ。

この文脈の延長線上には次の段階(ツール)が待っている。

以心伝心に近いことになるだろう。

 

 

【出典】

https://www.fuze.dj/2017/02/what_we_do_with_snapchat.html

 

 

【出張時に撮影した空の写真が400枚超】

【経営の優先順位とは↓】