fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

所有とレンタルの間

米国サンフランシスコの会社事例。

https://drivecanvas.com/

月額452ドル(約5万円)で自動車を毎月更新するシステム。

保険、メンテナンス、保証、登録、サポート料を含んでいます。

月間の走行距離で料金が追加になる内容で

500マイル(約800km)まではプラス0

850マイル(約1300km)でプラス28ドル(約3,000円)

1,250マイル(約2,000km)でプラス59ドル(約6,500円)

距離無制限でプラス91ドル(約10,000円)

となっています。

月額料金も契約期間が長くなるほど割安になる

プランで6ヶ月契約だと月間422ドル(約46,500円)、

12ヶ月だと月間394ドル(約44,000円)まで下がります。

選択できる車種は2015年式の自動車で

https://drivecanvas.com/app/

で確認ができます。

まだ始まったばかりのビジネスなので継続するかは

わかりませんがビジネスモデルとしては

参考になる内容です。

こうした所有ではなく、今までのレンタルではない

プランが続々と出てくる時代になったのを実感します。

【出典】

https://drivecanvas.com/

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/