スキマ時間に読める経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

スキマ時間に読めるビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

コンビニがドラッグストアを意識しはじめた

コンビニがドラッグストアを意識しはじめ

ました。

日用品の品揃えを変化させてきています。

たとえばセブンイレブン。

コンビニに置いてあるトイレットペーパーは

少量(4ロール、8ロール)しか置いてなかったのが

12ロールを置きはじめているのです。

1店舗あたり毎日1個の12ロールトイレットペーパーが

売れているようです。

他にも売れ筋ナショナルブランド61品目の価格を下げて

きています。

これも真剣に販売する姿勢のあらわれです。

コンビニは顧客層が変化し続けている業態です。

便利なお店というポジションはもはや当てはまらない

のではないでしょうか。

こうした試みがコンビニをさらに強くしていると

感じます。

あくまでもトライアンドエラーです。その先には

ドラッグストアを飲み込むつもりだと感じます。

まだまだ発展する業界ですね。

【出典】

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/053100687/?n_cid=nbpnbo_mlpum