スキマ時間に読める経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

スキマ時間に読めるビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

後継者計画の中身に成果への執着心がある

上場会社が後継者計画を投資家に

開示しています。

その中で目についたのが

——————————-

「成果への執着心」

などの項目を第三者機関が評価

——————————-

とありました。

「成果への執着心」を評価する、というのは

私も常に気にしていることのひとつです。

というのも、上からの評価が高く、頭も

良いとされる人がほとんど実績を出して

いないことがあるのです。

大企業でも同じでしょう。

そうした人は成果ではなく、上司から

好かれる、気に入られる、頭が良いところを

見せる、ということで評価を得ているようです。

ただ、ここで言われているように

「成果への執着心」がないので経営者には

なることはできません。

経営者にとって必要条件がないのです。

センターピンを外している、ともいえます。

「成果への執着心」で評価してみると

会社の中がクリアに見えてくるかもしれません。

【出典】

https://www.nikkei.com/article/DGKKZO21229500W7A910C1EA5000/