fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

新規開拓の効率とは

営業パーソンの新規開拓について。

新規開拓に効率を求めるのは

新規開拓に取り組んで、時間が

経ってからにしたい、と

考えています。

というのも、新規開拓の効率を

求めると、広告費を使い集客するか

時間をかけて見込客を教育するか

しかありません。

コストがかかるか、時間をかけるしか

ないのです。

そのため、新規開拓に取り組みはじめて

営業チームが「新規開拓の効率」を

求めはじめると、費用対コストを

無視してしまうことがあるからです。

あくまでも投資した広告費用を回収できるのか

で判断していきたい。

また自分たちの行動による新規開拓にも

チャレンジしてほしいと思います。

行動しても新規開拓はなかなかできないのも

わかっていますが、広告から集客した顧客が

いかに大切な顧客なのか自分で感じるためにも

行動による新規開拓を最初だけでもいいので

取り組むことです。

こうした流れで新規開拓の型ができてきます。

完成してしまえば非常に高い効率性を

実現できます。

あくまでも優先順位とプロセスは必要だと考えています。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。