fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜不利な状況でも経営を加速させる原理を公開〜

複雑に考えるのではなく単に接触するだけ

【fjコンサルタンツ365日Blog:3318投稿目】

どうしてシンプルなことを

難しく、複雑に考えてしまうのでしょうか。

難しくしてしまう、複雑にしてしまうことが

仕事だとカン違いしている人がいるのです。

経営は結果を出すために、どれだけ

最短距離を目指すかを競っているだけです。

最短距離を目指すには、複雑に考えるのではなく

シンプル

に考えることなのです。

シンプルというのは、楽なことを考えることでは

ありません。

無駄なことを削ぎ落として必要なことだけ

見ていくのです。

たとえば、営業活動。

営業担当者は、結果を出すために何が

必要なのか。

突き詰めれば、『顧客との接触回数』が

必要なだけです。

それが訪問でなくてもいいわけです。

接触できるツールであれば何でも

かまわないのです。

その点を見誤ると、訪問数を増やすことだけ

がんばったり、中には残業したり、

休日出勤することをがんばったりして

しまうのです。

それもわるくありませんが、やらなくても

結果を出すことができるのです。

仕事の中身をシンプルに見通せる能力を

磨くことはビジネスパーソンとして

優先されるスキルといえます。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/