経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

平均177時間

【fjコンサルタンツ365日Blog:3433投稿目】

厚生労働省の働き方改革担当部署で

残業200時間の人がいると報じられています。

働き方改革関連法案を作成する部署では

残業時間が平均177時間にもなっている

とのこと。

不適切データ問題で1万件のデータを

精査することになり、残業が増えている

ようです。

現在、厚生労働省は働き方改革を

進めており、過重労働を防ぐことを

目的のひとつとしています。

しかし、このままだと厚生労働省で

健康被害が発生する可能性があります。

労働時間は、

・突発性の仕事

・繁忙期の仕事

の時、どうしても長くなってしまいます。

この課題を解決しない限り過重労働が

減少することはありません。

繁忙期の時に人を増やすという解決策だけでなく

「特定の人しかできない仕事」

を減らしていくことも大きな解決につながります。

そのためには、仕事内容を開示し共有する

ことです。

情報共有は単なるコミュニケーションだけでなく

こうした働き方改革にもつながる内容です。

経営としては優先したい事項なのです。