fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

マーケットの変化率を上回ることができるかどうかだけ

【fjconsultants365日Blog:3,787投稿目】
~1日3分、3ヶ月で1冊分の知識転移~経営コンサルタント藤原毅芳執筆

マーケットが大きくなると消滅する会社とは

マーケットが大きくなるとそこにいる企業群は儲かっている、と
他業界の人たちは感じます。
それは本当なのでしょうか。
マーケットが大きくなるのに比例してすべての会社の売り上げが
増えるのでしょうか。

ゴールデンウィークの10連休、インバウンドの増加によって
マーケットが大きくなってる観光業について取り上げてみたいと
思います。

旅行代理店について

旅行代理店の業界は激しい新陳代謝を繰り返しています。
景気が上向きマーケットが大きくなっています。
インバウンドの恩恵もありさらに拡大基調です。

そうであるならばそこにいる企業は売上が増え収益も
上昇しているはず。
そう考えるのが普通。

しかし、なかなかそうならない。
どうしてか。

飛行機

新規参入が相次ぐ

実は旅行代理店は新規参入が相次いでいます。
特にオンライン型の外国企業の参入です。

たとえば
エクスペディア https://www.expedia.co.jp/
は4年ほど前に一気にCMを増やし認知度を拡大させました。

ちょうどインバウンドが広がるタイミングと同じです。
今ではまわりでも利用者が広がっているのを感じます。

この会社はもともとマイクロソフト社の一部でした。
それが独立した企業なのです。
現在では世界でもトップクラスのオンライン旅行代理店のひとつ。

海

マーケット拡大が競争激化を招いた

上記のようにマーケットの拡大に合わせて、外資などの
新規参入が増えてしまいます。
そのため、既存企業は激しい競争に巻き込まれるのです。

大手が参入するときは決まって
・低価格戦略
でシェアを拡大するのが定石です。

しかも旅行代理店はオンライン型で参入しているので
固定費が低い。
どうしても店舗型で仕事をしていた企業は価格で勝つことが
困難なのです。

しかも外資で乗り込んできた企業規模は日本のトップクラスの
企業規模の4倍にもなりスケールメリットでも勝てません。

街

シニアのネット利用が加速

さらに追い打ちをかけるようにシニア層がネットで購入する
ようになったことも大きな変化です。
先日のブログ【統計からわかる旅行代理店業界の今後】で具体的に
取り上げています。

顧客の変化に追随するには、店舗型企業は追加投資が必要。
そこに企業規模が問われてしまったということです。

投資ができない企業は淘汰されているということ。
生産性という視点で見れば、生産性が上がらない企業が
退場させられたことになるのです。

高齢者

変化に追随できるかどうか

結局のところ、マーケットが大きくなろうが企業の存続には
あまり関連性はない。

マーケットの変化率に応じて企業が変化できるかどうか。
マーケットの変化率を上回ることができるかどうか。
それだけです。

そのために企業は変わるための投資が必要。
変身するために人、時間の投資、もしくは資金投入が
求められるのです。

それを怠れば退場するのみ。
景気が良さそうなマーケットでも退場する企業が存在するのは
そのため。

隣の芝は青く見えますが、そんなに楽ではないということです。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/