fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜不利な状況でも経営を加速させる原理を公開〜

個人の責任にするか、チームの体質問題にするのか迷う

【fjconsultants365日Blog:3,982投稿目】
~経営には優先順位がある~経営コンサルタント藤原毅芳執筆

まだ、やっていない

「1ヶ月前から言ってますけどいつになるんですか?」
と、ミーティング最初がこんな会話からスタートしたことがあります。

しかも、約束していたのは社内書類ではなく、社外(顧客)へ
向けた資料。
期限の約束はしていない資料ですが、さすがに2ヶ月放置は
どうでしょう。ひどい状況です。

指摘された方はなんて答えたか?
「1時間後に出します」
という返答でした。

1時間でできる資料が2ヶ月間放置されたのです。
このときに、どのような対応が求められるのでしょうか。

sky

だれかを責めるのか

やらなかった個人を責める。
責任を取ってもらう、
というのが通常ではないでしょうか。

ただ、個人を責めても解決しない。
その人ができるようになっても、他の人がまたやらなく
なるのです。

そう、この問題、個人の問題ではなく組織の問題ということ。
組織という単位が大きすぎれば、チームの問題と言い換え
できると思います。

というのも、チームの性質が「やらなくてもいい」という
雰囲気なのです。
細かいことができていないことなあるわけです。

たとえば、

  • 朝の出社がギリギリ
  • ミーティング開始が遅れる
  • ミーティングメンバーが揃わない
  • 朝礼にリーダーがいない
  • 体調を崩す人が目につく

そんなチーム体質なのです。
その状態で個人を責めたところでほとんど意味がありません。
ではどうすればいいのでしょうか。

sky

誰が言い続けるのか

チームの体質を変えるには、変えるために言い続ける人が必要です。
そんな1人がいるかどうかだけなのです。

だいたいの場合、放置されているだけ。
放置の間は何も言わない。たまに言うだけ。
1週間に1度、確認するかどうか。
そんな感じなのです。

これでは、毎週ミーティングをしていてもチームの体質は変わりません。
毎日のように言い続けられる人が求められる場面なのです。

ここで注意することは
「任せることと放置することは明らかに違う」
ということ。

その違いがわかる人が、毎日の確認コミュニケーションを
取ることが可能だと考えています。

まとめ

このように「進まない」ことをどこの責任にするかによって
方向性が変わります。

個人の責任にすれば、解決するように見えますが
また別の人が同じようなことをしてしまい、次の問題の人が
発生するだけです。

組織やチームの課題にすれば、組織やチームの体質改善になり
明確にできるようになっていきます。

どこの責任にするかによって、このように方向性が大きく変わる
ことを自覚したいところです。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/