fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

今年の夏のキーワードは

【fjconsultants365日Blog:4,159投稿目】
~経営には優先順位がある~経営コンサルタント藤原毅芳執筆

入れ替えています

『換気できます』
『5分に1回空気が入れ替わります』

といったような告知が増えています。
今後も増えていくでしょう。

これから夏にかけて空調が多用されます。
お客様がいる場所、入る場所では、
空調だけでなく【換気】も同時に行っているのを
知らしめる必要が出てきそうです。

下記は長距離バスを運営する企業の社内換気を
説明する動画です。↓
バスは5分で換気ができることを示しています。

https://www.youtube.com/watch?v=NdmDUF2Cg_c&feature=emb_title

各社の対応

航空機ははやい段階から換気について
説明、告知していました。

航空機は3分で機内の空気を入れ替えています。

ANA換気


新幹線は6〜8分で車内の空気が入れ替わると
説明しています。
https://www.jreast.co.jp/ass/pdf/20200407.pdf

JR東日本 新幹線換気

店舗でも換気表示されるのか

今後は店舗(商業施設)でも乗り物と同様に
換気表示がされるのでしょうか。

厚生労働省が推奨している商業施設の換気は
下記のようになっています。

商業施設換気 厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000618969.pdf

顧客向けに告知するなら、
「店内の空気は◯◯分に1回換気しています」
と表示すべきでしょう。

表示をする方が来客数が多くなるという実績が
出たら商業施設も一斉に換気の表記をするように
なると思います。

換気のしくみ

とはいっても、商業施設などの建物はもともと
換気のシステムがなければ後付けで工事が必要に
なります。

特に店舗面積が限定的な店舗は「窓を開ける」対応で
乗り切ることになるでしょう。

ただ、窓を開けるだけの対応では、夏のときに
店舗は快適空間ではなくなり、来客数が減少して
しまう可能性
があります。

今後、この換気問題を解決するソリューションが
出てくるでしょう。

まとめ

換気】はひとつのビジネスチャンスに
なりそうです。

空調の専門家は大規模ビルや大規模施設で
求められていましたが、今後はさらに幅広い
業界やジャンルで必要とされるでしょう。

また夏商戦におけるヒット商品の中に
エアコンだけでなく換気設備(換気システム)も
入ってくるのではないでしょうか。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。経営セミナー松本考動倶楽部は2014年から登壇し講義80回を超え、2020年からオンライン経営勉強会マナビィーズとしてリスタート。0円コースもあります https://manaby.biz/muryo/