fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

教えるのが上手い人、下手な人

【fjconsultants365日Blog:4,207投稿目】
~経営には優先順位がある~経営コンサルタント藤原毅芳執筆

社内勉強会で

社内勉強会。
ちょっと先輩社員が新人スタッフに教える場。
同席させていただく機会があり眺めてたところ
わかったことがいくつかありました。

教える人によって、知識移転の量がちがうのです。
受け取り側の頭の中に入ってくる量がちがう。

教える側のレベルが大きく違うのです。
その違いはどこにあるのか、わかりますか?

教える人のレベルとは

しゃべり方が上手、よどみなく話している、と
いった点も大切ですが、わたしはそれ以外の点が
気になったのです。

それは、話している内容です。
大きく2つに分かれてしまう領域です。

①話している内容が単にテキストを読み上げている
ような、知識を伝えているだけの場合。

もう一つは、
②聞いている人の頭の中に今回伝えたい内容の棚を
作ってあげる
ような話の順番で伝えている場合。

違いは紙一重


この違いが良い一見するとほとんど判りません。
伝えている内容は同じように見えるからです。

しかし聞いている人にとっては評価が大きく分かれます。
単にテキストの内容を読み上げているだけですと
わからない人にとっては最後までわからない世界に
取り残されるからです。

特に初めて聞くような専門用語が頻繁に出てくるような
内容の時はその傾向が強い。

もう一方の、聞く人の頭の中に棚を作ってあげるような
話しをする人は、まず大きな枠から話しをスタートします。

なぜなら今回話す内容がどこまでの領域の話しなのか
最初に想像させているのです。

脳が理解する構造

実はこの作業、脳の使い方にとっては非常にありがたい
仕組み。

人は相手の話を聞くときに実は推測しながら聞いて
いる
からです。

相手は、このような話をしているから、次はこのような
段階の話しになり、結末はこんな話しになるだろう、と
頭に思い浮かべながら話しを聞いているのです。

なので今回話をする領域が自分の知っている範囲なのか
どうかを確認したがるという傾向にあります。

なので最初が大切。
最初に話す内容が、
・どのジャンル
・どの領域

の話しなのかを説明することで、とてもわかりやすい
話しになるのです。

難しい内容を簡単にわかりやすく

難しい内容をそのまま話している人がいますが
聞いている人にはストレスしか残りません。

難しい内容を話すとき

「難しい話をより難しく話す人」
「難しい話を普通に難しく話す人」
「難しい話をわかりやすく話す人」

の3パターンに分かれます。

仕事においては、難しい話しをわかりやすく、シンプルに
する人の方が周りの協力を得られやすい。
評価が高いです。

社内に限らず、お客様に対しても、簡潔にわかりやすく
話しをする人が信頼されていきます。

まとめ

ミーティングにおいても自分の言いたいことだけを
羅列して発言される方がいます。

聞いていてストレスばかりです。
特に話している全体像が見えないので、何を伝えたい
のかこちらに伝わってきません。

発言にはパターンがあります。
①結論
②理由根拠
③状況説明

というパターンや、
お伝えしたいことが3つあります
といった定番のパターンです。

定番のパターンと違う場合を思い返すと
結論を言わず、いきなり状況説明を長々とするので、
結論もわからない時間が続きます。
聞き手側が暗中模索の状態が続き、イライラすることも
発生します。

このような場合、結論からはっきり言ってもらうとわかり
やすい。

・イエスなのかノーなのか
・賛成なのか反対なのか
・進めたいのか撤退したいのか

そこから話をすればミーティングの時間は、半分から
3分の1になっていきます。
生産性が向上していきますし、ストレスも軽減される
でしょう。

わかりやすい説明スキル、理解しやすい発言スキルは
ビジネスをする上では初期段階で習得しておく内容だ
と感じています。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。