fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

上がったら下がる、下がったら上がる

上がったら下がる、下がったら上がる

【fjconsultants365日Blog:4,269投稿目】
~経営には優先順位がある~fjコンサルタンツ藤原毅芳執筆

スーツケース

日曜日の新幹線。
GO TO トラベルの効果なのか、スーツケ
ースを引いている旅行客を見かけるよう
になりました。

圧倒的に数は少ないですが、まったく見か
けなくなった時期と比較をすると、少しだ
け戻ったと感じてしまいます。

観光地の駅から乗ってくる方を観察して
いると、年齢、グループ、ともに一貫性は
なくバラバラな感じがしました。

気づいたことは、家族旅行、プライベート
旅行、の少人数旅行だけなのです。
ボリュームゾーンである10人から20人の
ツアー客は見当たりません。

もちろん観光バスもほとんど見かけませ
んので、ボリュームゾーンのツアー客の
復活が観光業界挽回の糸口になるでしょう。

底を打ったのか?

「底脱した」と言う表現が新聞に出てい
ます。
これをどう解釈すれば良いのでしょうか。

回復基調の数値が統計データで出てくれ
ば当然ながら「底脱した」と表現されます。

しかし経済は一方的な方向がずっと続く
わけではありませんので、急に反転して
大きく下げることも否定できません。

株価予想などでは、一旦上げた後に大き
く下げてニ番底が来る、と予測する人も
います。
たまたま3ヶ月間だけが回復基調なのかも
しれません。
安心できない部分です。

株価

米国の株価予想が出ています。
11月3日の大統領選挙までは上がり続け
るでしょう。
大統領選挙が終わってから下降局面に
入るかもしれません。
特に12月前半に大幅な動きがあると予想
されています。
日本の株価もアメリカの株価に影響され
ているので同じような動きを取るのでは
ないでしょうか。

そうなると12月から年末にかけてニュー
スの話題はマイナスな内容になる可能性
があります。

そこに新型コロナウィルスが重なると気
分的には上がらない感じで推移していく
と思います。
気分的な消費の冷え込みが心配なところ
です。

まとめ

1人100,000円の給付金が支給されてか
ら株式投資を始めた人が少なからずい
ます。

米国でも同じような動きがあり、ロビン
フッドという株式投資アプリが活況です。

新しい資金が流入すると株価は上がって
いきます。

日本も給付金による株式投資が増えてい
るのかもしれません。
しかし、初心者が株式投資をし始める時
期が株価のピーク
と昔から言われています。

今回もその格言が当たるのでしょうか。
ただ日本の場合は国(日銀)が株価維持の
ため資金を投入しているので純粋な株式
投資市場ではないという意見もあり、判
断に悩むところです。

上がったものは下がる、
下がったものは上がる、

という冷静な眼で今後も確認したいとこ
ろです。