fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

集中、フル稼働の時期が来た

ビジネスシーン

【fjconsultants365日Blog:4,308投稿目】
~経営には優先順位がある~fjコンサルタンツ藤原毅芳執筆

フル稼働の時期に

おそらく10月と11月はフル稼働の季節になります。
後から振り返ればわかります。
時間が惜しいくらい大切な時間が流れています。

根拠は全国どこでも人の動きが戻っているからです。
このチャンスは来年まで継続するかはわかりません。
となると、短期集中決戦になると考えています。

来年の仕事はこの2ヶ月で確保しておく。
そのつもりで仕事することです。
ムダな時間はありません。
時間の浪費は来年を棒に振る可能性があります。

集中する方法

集中するときは、朝起きてから寝るまでスキマ時間をすべて仕事に費やすことです。

すべての仕事やプロジェクト、案件を網羅してしまう。
新しいプロジェクトも2週間で形を整えてしまうのです。
このスピード感と、時間の使い方が未来を変えます。

モード切り替え

このモードに入ると、まわりの音が気にならなくなります。
頭の中からはアイデアや企画、文章やビジネスモデルまで湧き出てきます。
際限がありません。
ひたすら書き留めておくしかない状態です。

ある意味、暴走している状態です。
かけ離れたトップクラスの人は狂気と紙一重のところにいます。
発狂しているかと錯覚するくらいです。

全力で取り組みたい

仕事に全力を注ぎたい。
最近では滅多に耳にしない言葉です。

しかし、コロナで仕事がストップし、余力ができるほど全力を費やしたいという欲求が出てくるものです。

先日も
「全力で仕事に向かいたい」
「成し遂げたい」
「仕事に集中したい」
と抱負を語る人たちがいました。

性格はおとなしいと言われている人たちですが、中では燃えあがっているようです。

まとめ

仕事量が多ければ不満が出ますが、やりたい仕事であれば不満は出ない。
それどころか、もっと、さらに仕事をしたくなる。

仕事に情熱や迫力を持って向かい合う人が少なくなったと言われて久しい。
でも本当はちがうと思います。

表現の方法が変わっただけ。
人間の本質は変わりません。