fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

1歩先に行っておきたい帳簿電子化

【fjconsultants365日Blog:4,362投稿目】
~経営には優先順位がある~fjコンサルタンツ藤原毅芳執筆

ようやくここもデジタル化か

どうしてデジタル化されないのか不思議に感じる人も多いのかもしれません。
請求書です。

紙ベースでやりとりをしている請求書。
現状でも電子化された請求書は一定の条件のもと許可されています。
送付するには何も問題ありませんが、請求書の保存には条件と承認(税務署長)が必要です。
まだハードルがあるわけです。

これがゆくゆくはデジタル化されていきます。
その方向性がだんだん明確化してきました。

ぺポルpeppol

日本の標準規格が選定されました。
ペポル』です。
peppolPan-European Public Procurement On-Line
https://www.csaj.jp/activity/project/eipa.html

ヨーロッパ発祥の規格で、アジアにも広がっており、世界の30カ国以上で利用されています。

これを元に日本標準仕様が決まっていきます。
2022年中にサービス開始、2023年に普及するのを目処に進めていくようです。

電子化への壁

電子化、デジタル化への壁は『改ざん防止』です。
紙だと改ざんできないが、デジタルだと改ざんしやすいということです。

改ざんを防ぐ仕組みがあればデジタルでも問題ないわけですが、現状ではそのシステムが定まっていない状況。
時間がかかっていると感じます。

ビジネスチャンス

電子化のチャンスは大手企業はじめ狙っている企業が数多く存在しています。

会計ソフトに関しても複数のソフトが乱立しており国内統一化は難易度が高い。
そんなときは、ソフトウェアではなく『クラウド型サービス』が一気にシェアを取るかもしれません。

既存のソフトウェアのプラットフォームを改良するのではなく、ゼロベースで開発した方がコストも安くなったり、利用しやすい内容で開発ができるからです。
目が離せないところです。

まとめ

時間がかかろうがデジタル化は避けられません。
紙がなくなりデジタルになる。(クラウドになる)
これは、自動車業界が電気自動車へと切り替わるのと同じような状況です。
そんな時代だと感じます。
追いかけるよりは1歩先に進んでおきたいところです。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/