fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

市場縮小のタイミングで数値にこだわる組織に成長させる

fjconsultants Blog:4,515投稿目 fjコンサルタンツ藤原毅芳執筆

リーマン超えGDP伸び率

2020年度のGDPがリーマンショック超えになりました。
伸び率がマイナス4.6%です。
リーマンショック時が伸び率マイナス3.6%だったので、1%上回る数値です。

昨年度のGDP -4.6% リーマンショック超える最大の下落

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210518/k10013036691000.html

こうした数値は冷静に判断をしなければならないところですが、これを言い訳にしたくはありません。
「リーマンショックよりひどいから・・・」
と社内でも言い訳に使われる可能性もあります。

GDPの半数は個人消費が占めます。
今回は動きが止まり個人消費も止まっています。
その影響が出ているのは事実です。
しかし、ビジネスにすべて影響しているわけではありません。

影響がある部分と影響がない領域を見極めて判断や評価をしたいところです。

プレゼンテーション

消費が縮小する中で

消費が縮小する市場でビジネスを展開している場合、数値に敏感になるしかありません。
しかし、数値に対する精度はいきなり細かくできるものではないと実感しています。
売上金額には敏感だが、原価やコストに対して精度の甘い会社、リーダー、担当者。
在庫や仕入れ金額に対する精度も同じ感覚です。
たとえば、備品購入ひとつ見ても会社によって差があります。
市場縮小な時期でも備品購入の単価は変わらない。
数年に一度しか購入しないパソコン等のIT機器購入費(1台当たり購入費)を見るとわかります。
8万円で購入する企業もあれば、18万円、28万円で1台購入する会社もあるからです。
確かにパソコンなどはスピードが違いますので速い方が生産性が高い。
しかし、パソコンの稼働時間に連動しているかがポイントです。
稼働時間が少ないのにもかかわらず単価の高いパソコンを購入するのを見ると数字に弱いと感じます。
一日中8時間フル稼働ならば高額備品を購入しても生産性が上がり利益になります。
問題ありません。
しかし、稼働時間が少なにのに高額投資するのは釣り合いが取れないと言う意味です。

まとめ

シビアなビジネス環境になっても環境を変えられるわけではありません。
その環境に対応できるかだけです。
そのため、数値や数字に対して細かい精度で把握できコントロールできるのがあるべき姿。
1%、0.1%へのこだわりです。
あと1%で大きく変化する境界線上にいる人も多いでしょう。
このタイミングで数値に細かく、こだわりのある会社に成長するチャンスです。
一気に発展させましょう。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/