fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

報告が遅い人の感覚とは

fjconsultants Blog:4,519投稿目 fjコンサルタンツ藤原毅芳執筆

報告は相手に合わせる

報告は相手に合わせるのか。
自分で報告の必要性を判断していいのか。
命題のひとつです。

仕事の報告は誰が必要としているのかを考えるとわかる内容があります。
必要としている人を思い浮かべ、報告は相手に合わせるのが原則だと感じます。
経営において判断するときには情報が多いほど正確にジャッジできます。
報告が遅れて、情報が限られてしまうと判断の精度が落ちていきます。
報告が遅い人を思い出してみると、単に忘れている人もいますが気がつかない人、意図的に報告を遅らせている人もいます。
どのような種類があるのか見ていきたいと思います。

進捗がないと報告しない人

「進捗がなかったので報告しませんでした」
と言われたことがあります。
こちらとしては、進捗がなかったことを報告して欲しかったのです。
確かに進捗がなかったので報告しないと言う判断は本人にとってみれば正しかったのかもしれません。
しかし、シビアな進捗状況の場合には、身長がなかったことも報告が欲しいケースもあるのです。

相談しておいて報告なし

心配で心配で相談しておいて、その後報告がないパターンもあります。
先行きがどうなるか分からないので、夜遅くに相談が来るケースもあります。
翌日その後の進捗が途中経過報告はあったのですが、最終結論がわからないまま放置。
報告がなかったケースです。
結果的には問題が起こらず解決したのでよかったのですが、相談された方としては最終結論の報告が欲しかったのです。

ミーティングも減らせる

随時必要な報告がされているチームはミーティングの回数を減らすことが可能です。
必要とされる情報は滞りなくオンタイムで報告され流れているからです。

ミーティングは本来、報告の場ではなく将来のことを形作る未来志向の場面です。
次に何をやるのかを明確にし、その内容が結果が出るような雰囲気にならなければなりません。
一人ひとりの過去の報告を全員が聞く必要あるのか。ここはリーダーが判断しなければならない領域です。

まとめ

報告が遅いと言われ続けている人がいます。
それは意図的に報告をしない、報告を遅らせているからです。
改善するには前のめりで報告をするしかありません。

報告される側のスピード感より報告する方が速い感覚を持っていなければならないのです。
この感覚がわからない人はまずは相手に求めている報告のスピード感を質問することです。
確認することです。
それによってこの人はこれぐらいのスピードを求めている、と言うことを1人ずつ理解できるようになるのです。
原則は、報告を求めている人よりスピードを速くすることです。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/