fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

チームNO2のあるべき姿と成長とは

fjconsultants Blog:4,623投稿目 fjコンサルタンツ藤原毅芳執筆

NO2の形成

組織にはチームごとにリーダーがいます。
リーダーの下にはNO2が自然と形成されます。
経験年数がある人がNO2のポジションになっていく。
NO2の存在はチーム形成において予想外に重要なポジション。
リーダーの力量も求められていますが、NO2の行動も影響があるからです。

今回は、このチームのNO2について焦点を当てていきます。
(ここでいうNO2とは社長の次に来るNO2ではありません)

NO2の課題

NO2の成長を考える前に、NO2のマイナス点、課題から取り上げます。
チームリーダーの下に位置するNO2がチームリーダーについて批判する。
これが最大のマイナス点。

「リーダーのここは間違いだ」
「リーダーはこれができてないよね」
と評論家のごとくチームメンバーに語り出す。

さらに状況が悪化するチームを見ると、NO2が自分のチームをつくり出す。
チームの中にさらにチームができてしまう。
チームが分裂してしまうのです。
これではチーム運営はできません。

では、このようなNO2の方をリーダーにすれば上手な運営ができるのか。
やってみたことはありますが、結果は出ません。
単なる批評家は、リーダーになっても誰かの責任にしたがります。

NO2のときは、リーダーがわるいと言う。
リーダーになれば会社がわるいと言う。(会社の方針がまちがっている等)

結局のところ活躍する人材の状態ではないのです。

NO2の成長ポイント

では、こうしたNO2の成長はどのようにすればいいのでしょうか。
観察してみるとわかることがありました。
NO2のポジションに対して安泰だと感じているのです。
「自分がいなければ困るでしょ」
といった自信です。

裏を返せば競争の原理はそこにありません。
なので、良い意味での成長もないのです。

だからこそ、成長のための競い合いの状況をつくること。
NO2のライバルになるような人を配置する。
ライバルになるような人を育てる。

そこからだと感じます。
チーム内の批評家、評論家は、チームの課題点が見えており能力的には優秀。
だからこそ方向性を変えて成長してほしいといつも感じます。

まとめ

チーム力を最大限にするには、メンバーにそれぞれ求められるものがあります。
NO2はリーダーをフォローする立場です。
あるべき姿としてはフォロワーです。
批判する立場ではありません。
評価する立場でもありません。

その点を理解するかしないかが分岐点になります。
理解しない場合は、更なる成長を促す環境をつくってあげる。
そう感じます。

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/