経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

社長の意向が伝わった瞬間

会社の計画を社員に説明してもいまいち

伝わっていない時があります。

ベテラン社員や優秀社員を目の前にしても

浅い理解の時があるのです。

そんな時は、社長の「意向」が伝わって

いないのです。

意向とは、「心の向かう所。おもわく」とあります。

計画を伝えるときに、計画のみを説明するのでは

片手落ち。今一度、会社の歴史を語り

そして、将来の向かう所を示唆するのです。

その上で、ようやく会社の計画を語りはじめるのです。

「心がこもった」、「本気さ」という表現で言い

表されることだと思います。

これが社長の意向が伝わった瞬間であり、

方向性がひとつになるときなのです。