fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

社内の誰から教われば成長できるのか

mountain

仕事は最初、社内の諸先輩から

教わります。

そのときに、誰から教わるのか?

によってその人の仕事人生が大きく

左右されます。

では、どうすればいいのか。

社内の人を次の視点で分類します。

1)現在、実績を上げている人

2)過去、実績を上げた人

3)実績を上げたことがない人

上記1)の人から教わるのがベストです。

ただ、実際に教えてもらうとき

質問しやすい人はだれか?といえば

暇な人(実績を上げていない人)

になります。

実績を上げている人は忙しいから、

なかなか時間をとってくれません。

暇な人ほど、やさしく、時間をとってくれて、

質問しやすく、聞きやすい。

ここで悲しいかなミスマッチが起こる訳です。

やはり、教わるには、忙しくしている

実績のある人からにしましょう。

質問しても怒られるかもしれません。

「後にしてくれ」

と言われるかもしれません。

しかし、何度も何度も聞きに行くべき

なのです。

近くにいなければ、電話をかけてでも

教えてもらうべきです。

仕事に遠慮はいりません。