fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

大枠でとらえる(1)

広い範囲を理解するときに

どこから考えていけばいいのか。

次の3段階があります。

1)区切る→2)見出しをつける→3)つなげる

ひとつずつ詳しく説明すると、

最初は、要約作業。

1)区切る(分解)

人の話しを聞いたとき、要約するには

話しを区切っていくこと。

本を読んで理解するときにも、要約するには

内容を区切っていくこと。

顧客と自社の関係を考えるときには

モノの流れと情報の流れとお金の流れを

区切っていく。

2)見出しをつける(ポイント抽出)

区切った内容に見出しを付けます。

見出しは、短い方がわかりやすくなります。

たとえば

「導入」、「決断」、「説明」、「提案」

「結論」、「動機」、「販売」、「接近」など。

3)見出しだけをつなげてみる(再構築)

見出しをつなげてみます。

見出しをつなげて文章にしてみるのです。

たとえば、

「◎◎」がどうなって「■■」がこうなり、

そして「△△」が最後になる、

のように。

この3段階でまず大枠をつかんでいくのです。

藤原毅芳写真『知識への時間投資、それが最大の利益を導きます』
この投稿記事を書いたのは 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)