fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

デジタルツールを仕事で活用する時代に smart phone

スマートフォンの急な普及により、仕事の

手法が変化しつつあります。

会社でスマートフォンやiPadの導入が

決まったところも増えていますね。


デジタルツールについて質問も増えてきたので

少しまとめておこうと思います。

デジタルツールに移行するには、

何かを止めないといけません。

ツールを増やすだけでは、デジタルツールが

めんどうになり、使わなくなります。

 

では、何を移行するのか。

1)スケジュール手帳

2)ノート(メモ帳)

の2大アナログツールを移行するのが

優先です。

私も2年前からスケジュール表を

デジタルに移行しました。

仕事上のノートも1年前から完全移行

しました。

 

手書きを強制的に排除してしまったのです。

最初は不安でしたが、思い切ってすべてを

移行させました。

中途半端ではなく、すべてを移行させること

ポイントです。

 

営業さんも同じだと思っています。

顧客の前に行ったらノートではなく

デジタルツールを取り出す

そして、メモをデジタルで残す。

 

そうすれば、ノートに書いていたものを

再度パソコンに打ち直す手間がなくなります

仕事では、報告、提案などの手続きが

発生します。

それを短縮するために直接電子ツール

記入するのです。

 

スケジュールも同じです。

デジタルカレンダーで100%管理します。

カレンダー手帳は使わない。

そこまで徹底します。

 

そうなると、手書きで書くように自由自在に

キーボード入力ができるようになる必要

あります。

キーボード入力上達にはコツがあります。

最速で習得する方法があるのです。

下記の順番で何度も反復するだけです。

視線は画面に持っていき、キーボードを

見てはいけません。

左手の人差し指は【F】、右手の人差し指は【J】の

定位置に置きます。

1)AIUEO(あいうえお)

を打ち続けます。

スムーズにできるようになるまで。

手がなじむまで、他の文字を打つ必要は

ありません。

キーボード入力の基礎はこの5つです。

はずせないのです。

2)カ行練習【K】+【AIUEO】

5つの基本形が終われば、あとは簡単。

基本の5つの前にひとつだけプラスする。

カ行なら【K】と。

以上、この2つの流れだけで飛躍的に

上達します。

 

 

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/