fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

プロの人はこんなクセがある

【プロフェッショナル】と言われる人の

クセをピックアップ。

今回は、普通ではピックアップしない項目を

あげてみます。


1)今日が何曜日かわからない

2)自分が何歳か忘れている

3)時間のリズムがない

 

上記から感じてほしいのは、そこまで

仕事に打ち込むほど楽しんでいるということ。

集中しているということ。

 

解説すると

1)今日が何曜日かわからない

→毎日仕事している、スイッチを切らない


外に出て、歩いている人を見てから

今日が休日だと理解するくらいです。

休みまであと何日、という概念はまったく

持ちあわせていません。

仕事をしているか、寝ているか、それ以外は

ありません。


2)自分が何歳か忘れている

→年齢によって仕事を選んでいない。

若いから、歳だから、という考えも持って

いない。

そもそも、できない理由を年齢のせいにしない

人を判断するときも、年齢で見ていない。

固定概念が少ないとも言えます。


3)時間のリズムが一定ではない

→集中してモノゴトに当たっている。

夢中になると時間を忘れる

気づいたら朝になっていることも。

ゾーンに入っている、とも言います。


また、食べたい時に食事をし、

寝たい時に寝はじめる。

24時間サイクルでは足りない。

30時間サイクルくらいで動いている。

常に時差ボケの状態。

だから、4時間〜6時間サイクルで

仕事、食事、睡眠をまわしはじめる。

 

こうして特徴を洗い出してみると

何かに似ている。そう、

【子ども】

と似ている。

子どものときの集中力をずっと忘れずに

持ち続けることに意味があるかもしれない。

能力の可能性を考えた時に、ものわかりが

良くてはいけない。

ものわかりのわるい部分も必要だということです。


これはベンチャー精神にも通じるモノがあります。

ベンチャーとは起業することだけではなく

既存の枠組みを破壊しながら、他にできない

ことを提供していくこと

わがままさが必要。

ものわかりのわるさも必要。

頑固さも必要。

何か、大人になって忘れているものが

あるかもしれませんね。

 

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】

http://www.businesscreation.jp/balance/

【経営の優先順位とは↓】

【経営に関するご相談は、こちらから↓】

 

 

 


藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/