経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

プロの人はこんなクセがある

【プロフェッショナル】と言われる人の

クセをピックアップ。

今回は、普通ではピックアップしない項目を

あげてみます。


1)今日が何曜日かわからない

2)自分が何歳か忘れている

3)時間のリズムがない

上記から感じてほしいのは、そこまで

仕事に打ち込むほど楽しんでいるということ。

集中しているということ。

解説すると

1)今日が何曜日かわからない

→毎日仕事している、スイッチを切らない。

 

外に出て、歩いている人を見てから

今日が休日だと理解するくらいです。

休みまであと何日、という概念はまったく

持ちあわせていません。

仕事をしているか、寝ているか、それ以外は

ありません。

 

2)自分が何歳か忘れている

→年齢によって仕事を選んでいない。

若いから、歳だから、という考えも持って

いない。

そもそも、できない理由を年齢のせいにしない。

人を判断するときも、年齢で見ていない。

固定概念が少ないとも言えます。

 

3)時間のリズムが一定ではない

→集中してモノゴトに当たっている。

夢中になると時間を忘れる。

気づいたら朝になっていることも。

ゾーンに入っている、とも言います。

 

また、食べたい時に食事をし、

寝たい時に寝はじめる。

24時間サイクルでは足りない。

30時間サイクルくらいで動いている。

常に時差ボケの状態。

だから、4時間〜6時間サイクルで

仕事、食事、睡眠をまわしはじめる。

こうして特徴を洗い出してみると

何かに似ている。そう、

【子ども】

と似ている。

子どものときの集中力をずっと忘れずに

持ち続けることに意味があるかもしれない。

能力の可能性を考えた時に、ものわかりが

良くてはいけない。

ものわかりのわるい部分も必要だということです。

 

これはベンチャー精神にも通じるモノがあります。

ベンチャーとは起業することだけではなく

既存の枠組みを破壊しながら、他にできない

ことを提供していくこと。

わがままさが必要。

ものわかりのわるさも必要。

頑固さも必要。

何か、大人になって忘れているものが

あるかもしれませんね。