fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

優秀な人材を定着させるには

こんな人が組織にいませんか?

【優秀な能力を持っているが

なかなか手におえない、我の強い人】

こんな人とリーダーが信頼関係が築けたら

組織は急発進しはじめます。

 

【我の強い人】に対して

「押さえつけようとする」

リーダーが多いです。

 

これは、まちがい。

短期的には、うまくいっているように

見えますが、長期的に見て、かならず

失敗しています。

 

なぜか?

 

押さえつけることで自尊心を傷つけ、

反発されるからです。

 

【自尊心】とは、

——————————-

自尊感情(じそんかんじょう)とも言い、

自己の存在や在り様を尊重する(大切に思う)感情のこと。

プライドや傲慢、自惚れ、驕りとは異なるもの。

——————————-

と定義されています。

優秀で我の強い人ほど、自尊心が強い。

自分を大切にしています

だからこそ、【信頼関係が必要】なのです。

 

誤解している経営者、リーダーの方は

我の強い人に対して

【わがまま】

【うぬぼれ】

などのレッテルを貼り、組織になじまない人

として接してしまいます。

これでは、自尊心を傷つけてしまうだけ。

 

そうではなくて、その人の

1)特徴を認め

2)組織内の役割を理解してもらう

3)信頼する言動をとる

ことがベストなプロセスなのです。

 

ときには、優秀な人のある能力を

抑制しなければならないかもしれません。

しかし、組織内の役割として理解して

もらえれば、方向性が合ってくるのです。

 

これができるようになると、

優秀な人材が定着する

ようになるので、会社の発展は加速度を

増していきます

 

【参考】

ウィキペディア「自尊心」

http://ja.wikipedia.org/wiki/自尊心

 

【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】

【経営の優先順位とは↓】

【経営に関するご相談は、こちらから↓】

 

 

 


藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/