経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

行動と発言の割合がリーダーを決める

リーダーのバランスを考える機会がありました。

がんばっているけど何をやってもうまくいかない

リーダーの方がいるわけです。

正論を常に叫んでいますが、結果が出ないのです。

「何がまちがっているのか」

「どこに気がついてもらうか」

それを考えていたところです。

まず理想的な方、

「組織を引っ張ることができるリーダー」

「結果を出せるリーダー」

「統率力のあるリーダー」

に共通する【行動】と【発言】の法則を

考えてみます。

気がついたのは、行動と発言の割合。

結果の出せるリーダーは行動と発言の

バランスがいいのです。

しかも状況によって使い分けしています。

現在は、経済の停滞期。もしくはマイナス時期。

こんなとき、リーダーは社内に変革を求めます。

そんな重要なときに

【行動】0:【発言】10

という割合でリーダーシップを発揮しようとすると

組織がまったく動かない。

動くとすれば、今までの蓄積でリーダーが尊敬されて

いるときだけ。

けっこう、発言だけのリーダーが多いです。

まったく、うまく機能していません。

理想的なリーダーは、

【行動】6:【発言】4

の割合で動いているわけです。

現場に背中を見せなければ本気は伝わりません。

言葉が先行してしまっては、上滑りしてしまうだけ。

ひどいときには、裸の王様状態。

目も当てられなくなります。

発言に影響力を持たすために、

社内で一番早く出社するリーダーであり、

手間のかかることに率先して取組むリーダー

としてポジションを築きます。

常にやる必要はありません。

部分的でいいので【率先】する場面が必要なのです。

逆も注意してください。

【行動】10:【発言】0

でも困るわけです。

部下の方々はプレッシャーを感じるだけで何を

していいのかわからなくなります。

無言の圧力は有効ですが、やりすぎると

不安→不信

に変わってしまいます。

組織が徐々に崩れていきます。

このように、バランスを意識してリーダー自身が

動きを見直すことを取組んでみてください。