経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

評価にも優先順位がある

「どうして評価してくれないのですか」

「結果は出ているじゃないですか」

「これだけやったのに評価されていない」

などと企業においては、評価は不満の対象に

なりやすいです。

これを解消するには、どうしたらいいのか、

と、質問されることが多いのが現実です。

この問題は、【ズレ】が原因。

ズレというのは、

【自己評価】と【会社の評価】のズレ

【自己評価】と【世の中の評価(顧客評価)】のズレ

の2つ。

このズレが不満の対象となっているのです。

評価というのは、大きく分けて3つ存在していると

思っています。

【自己評価】

【会社の評価】

【世の中の評価(顧客評価)】

上記の3つ、どれも間違いではありません。

しかし、

仕事においては、評価の優先順位があります。

【世の中の評価(顧客評価)】>【会社の評価】>【自己評価】

上記の順番になるのです。

しかし、不満を言う人は、これが逆になっています。

【自己評価】が一番高いのです。

 この現実を知ることと、理解することが本人にとっては

一番の成長になります。

最も重視されるのは、【顧客からの評価】であり、

それは、【顧客からの支持】なのです。

継続して商品、サービスを購入してくれたり、

紹介をしてくれたりするわけですから、

最終的には、数字として表出してきます。

そこには、【タイムラグ】があるので、そこまで

耐えられるかが勝負。

3つの優先順位をわかっていれば、このタイムラグも

乗り越えることができます。

そうすれば、評価に対する不満も解消するのです。