経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

押付けと配慮は別物

コミュニケーションの

細かいニュアンスの違いについて。

コミュニケーションのときに違和感を感じるのが

【善意の押付け】

です。

「あなたのために・・・」

「おまえのためを思って・・・」

と言われる言葉や行動が受け取り側にとっては、

〈ありがたい〉内容になっていないことが

あるのです。

もう一方では、同じような言葉や行動なのに

とても【ありがたい配慮】と感じられることが

あるのです。

どうして、そんな違いが起こるのでしょうか。

これは、

【相手の立場】

を理解しているか、理解していないのか、

の差なのです。

善意の押付けの場合、

相手の立場 こちらの都合

の方に視点が置かれています。

相手の立場を検討する部分が少なく、

こちらの善意のことばかり考え、

「これは、相手にとって、とっても良いことにちがいない」

という解釈だけで押付けてしまうのです。

もう一方の場合は、

相手の立場 こちらの都合

に視点が置かれているので、

「・・・というのは、どう?」

と配慮、確認しながらコミュニケーションが進むのです。

ちょっとしたことですが、細かいニュアンスの違いで

大きく変わります。

うまくコミュニケーションがいかない場合は、

どこかにズレが生じているものです。

客観的な視点で見直してみたいところです。