経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

上から目線の上司は実は自信がない

上から目線の上司。

どこの職場にもいらっしゃるみたいです。

ご本人は、「上から目線」という 認識はまったくないようです。

「上から目線」とは、

 【相手を見下す態度、言動】

を指します。

では、「上から目線」である、と決定するのは、だれでしょうか?

本人?

まわりの人?

あきらかに、まわりの人(本人以外)が

決定しているのです。

この人は、「上から目線」であるか、そうでないか。

では、「上から目線」の人の行動、言動には、どんな特徴があるのでしょうか。

◇過去の話をしたがる

「上から目線」の人は、現在の自分を【棚に上げ】て話しをすることが多い。

そのためには、何かしら相手に対して優位性を保ちたがります。

それが、「過去の栄光話」なのです。

昔、どれだけ大変だったか、どれだけ苦労したか、どれだけの量をこなしたかをやたらと話したがるわけです。

その前提で相手を「見下す」行動言動に出てしまうわけです。

裏を返せば、【自信のない上司】の防御とも言えます。

現在、成績の上がらないプレイングマネージャーにはこの手のタイプが見受けられます。

ただ、この手のタイプは、あっさり部下の方から見透かされてしまっています。

だからこそ、現在においても、実力を見せつける結果を出すしかないのです。

「上から目線」の上司を演じている場合ではない。

【後ろ姿】を見せつける時なのです。

経営層の方は、こんなリーダーに対して

結果を出させること

だけに集中させてみるべきです。