fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

経営の判断基準 即決と先送り

 

経営には、毎日のように問題が

降ってきます。

 

それをどのように

【決断】

して経営していくかによって

大きな差ができてしまいます。

 

決断には、

【知識】

という基礎になるものが必要ですが

知識だけでは、万能ではありません。

 

そこで、

【知識】+【判断基準】

を組み合わせることにより

【経営の決断】

のレベルアップが可能です。

 

では、【判断基準】を形成するのには

いくつかの「型」を覚えていく作業が不可欠に

なります。

 

今日は、その中から

【即決】と【先送り】

の基準を取り上げます。

 

経営においては割合としては、

【即決】>【先送り】

の方が良く、

【即決】:【先送り】→ 9:1

の配分が適当です。

 

では、即決の場面はどんな状況の

時かといえば

・今決めなければ遅れる時

・決断しなければ進まない時

なのです。

 

即決の判断基準は、

【確率が5割以上あれば「Go」を出す】

【だれもやっていないから決断する】

【遅れをとっているからスタートさせる】

の3点。

 

逆に、

先送りの場面というのは、

・今決めない方がいい場合

・状況を確認だけする時

です。

 

先送りの判断基準は、

【マーケットの存在が見えない時】

【漠然と迷った時】

【起死回生を一発勝負でしかけようとする時】

の3点。

 

 今まで即決できなかった方は、

「なんでもYESと答えてみる」

という期間があってもいいですし、

逆に、即決ばかりしている方には

「様子を見る」

ということもチャレンジしたいところです。

 

【即決】と【先送り】のバランスから

基準を明確に、詳細にしていきたい

ところです。

 

【気になるニュースをピックアップ】(Google+)
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】

【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/