fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

営業さんができる差別化とは?

営業

営業さんが他社と競う時に

【価格勝負】

になることが多いですね。

こんな時に考えることは、
まず価格競争からはなれるために
他社と差別化をはかること。

まず最初にできることは、

【情報をプラス】

することです。

情報という付加価値を付け加えるのです。

【商品】+【情報】

【サービス】+【情報】

という組み合わせから試してみるのです。

情報といっても難しい内容ではなく
簡単なところでは

「活用事例」、「顧客事例」

からはじめるだけで違うのです。

他にも、クライアントの業界について

新聞記事、雑誌記事をまとめるだけでも

重宝されるものです。

クライアントの競合先について情報を

整理してあげることも重要なこと。

分散している情報をひとつにまとめるだけでも

貴重なことなのです。

自分の扱っている商品サービスに固執せず

広い情報提供を考えてみましょう。

そこからはじまった情報が蓄積し、
大きな差別化につながります。

商品・サービス自体を変えることも
大事ですが、労力とコストが
かかることなのでスピード対応
できません。

そこは、営業が差別化する役目なのです。
受け身では他社に負けることに。

だからこそ、差別化を常日頃から
考えるようにしましょう。