fjコンサルタンツ 経営情報 ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのためのWeb Magazineファースト・ジャッジ

ムダが見直されている

「ムダなことをするな」という効率主義から

「ムダなことからヒントがある」という流れに

変わりつつあります。

この流れの要因はなぜでしょうか。

私の解釈は、

「ムダと言われる部分に基礎が形成される」

と考えています。

効率は、基礎、基本があってこそ、向上します。

基礎、基本がないのに、効率を求めるのは

おかしなことです。

たとえば、顧客との接客商談も

人間関係という基礎

があってこそ信用が生まれ、信頼されるのです。

人間関係の基礎が形成されるには、人によって

かかる時間がちがいます。

その時間を短縮させることは不可能です。

効率主義では、すべての時間を短くすることを

考えてしまいがち。

そうではなく、可能なところと、そうでない部分を

見極めるべきなのです。

まわりから見てムダであっても、大事な部分が

形成されていることがあります。

見落としたくないところです。