fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

彼はできる人だ、と言ってはいけない?

 

教えるという行為は、相手に対して

強烈なインパクトを残します。

強烈なインパクトは

プラス面もあれば、マイナス面もあります。

プラス面は、問題ありませんが、マイナス面が

やっかいです。

特に教えている側が間違っていることに気がついて

いないことがよくあるのです。

たとえば

「さすが、○○さんは素質があるね」

とほめている場合があるとします。

一見、問題がないように見えますね。

しかし、 これは本人の成長を止めてしまう可能性も

あるのです。

どうしてか。

それは、

【素質がある】:【素質がない】

という先天的なもので能力が決まるという固定概念を

植え付けてしまっているからです。

なにか大きな課題があったとき、それを乗り越えられない

状態において、早々に

「素質がないから・・・乗り越えられない」

と考える人になってしまうかもしれないのです。

だからこそ、

「よくやった」

「よくチャレンジした」

と仕事に対するスタンスや挑戦姿勢をほめるべきなのです。

先天的な能力、才能、素質という話題で片づけないことが

ここのポイントになります。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】
http://www.businesscreation.jp/balance/
【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。