経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

プライベートカンパニーからパブリックカンパニーへ

 

「プライベートカンパニーからパブリックカンパニーへ」

企業が上場すると、パブリックカンパニーと呼ばれるように

なります。

上場が基準にはなりますが、非公開の会社でも

【パブリックカンパニー】

になっている会社も存在します。

 パブリックカンパニーということは、社外の第三者にも

明確な説明ができる、ということです。

経営方針

経営計画

をはじめ内部統制までもがはっきりしていること。

そして、計画通りに実績を出し続けていることです。

「第三者から見られている」

ことを意識することから始まるかもしれません。

社員の方も、外部の方から見られていることを

意識し、説明しなければならない立場に立てば

おのずと理解できるでしょう。

上場するかしないかは、あくまでもひとつの手段です。

しかし、パブリックカンパニーになるのは、企業の

役目のひとつではないでしょうか。