経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

細かい受注を重ねています、で大丈夫か?

ベテラン営業さんの

「目標数字に不足している状態です。

なので、細かいものでも受注に走っています」

という発言がありました。

目標に対して不足している金額が少額であれば

それでもいいですが、このベテラン営業さんは

 大きく乖離している状態。

行動している、結果も出ていないわけではない、

というアピールは大切ですが、ベテランが発言する

内容ではありませんね。

目標との大きな乖離は、小手先では埋まりません。

ある程度の規模のしかけが必要です。

狙いも定めなければ到達するわけがありません。

そこが思い浮かばないと、

[目先の受注にはしる】

傾向にありますね。

少し戻った地点から見直して、再設計させる

必要があります。

特にベテランの方は、過去の成功体験がジャマをしますので。