fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

影響力の強い人に左右されない

 

 人は影響力の強い人に引っ張られる傾向に

あります。

特に、身近で影響力のある人から

「モチベーションを左右される」

ものなのです。

 特に、家族や両親は絶大なる影響力を発揮して

しまいます。

20代の方で、実家から通っている人は特に

注意が必要かもしれません。

働き出すと、職場での価値観に染まりはじめます。

しかし、それを

【否定】

されることがよくあるのです。

身近な人から否定されてしまうのです。

「そんなことはありえない」

「そんなことを信じてはいけない」

「裏では、こんなことを考えているはずだ」

とマイナスに捉えることや、マイナスの方向へと

導いてしまう傾向にあります。

これは、心配しているからこそ発するメッセージであり

善意の行動、言動です。

しかし、本人にとってみれば、大きな影響力があるので

混乱してしまうのです。

「どちらが正しいのかわからない」

状態になり、行動がフリーズするわけです。

そのためにも、身近な影響力がある人から

【精神的自立】

をする必要がありますね。

そこからが、大きな成長のスタートだと感じています。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】

【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

藤原毅芳写真『知識への時間投資、それが最大の利益を導きます』
この投稿記事を書いたのは 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)

“影響力の強い人に左右されない” への2件のフィードバック

  1. そうですね、職場でも悪い人にいい人が洗脳されることが多々ありますね。【精神的自立】をさせる良い方法を教えてください。

  2. コメントありがとうございます。精神的自立は自分の意見を持つ事であり、ぶれないことでもあります。自立させる第一歩は自分で決めさせることだと思います。決断の連続が精神的自立を促します。