fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

職人技を他の人に移植するには

 

技術者の中でベテランの方を尊敬を込めて

「職人」

と呼ばれています。

このベテランの技術を受け継いでいくことは

困難とされています。

これは、技術職だけに限ったことでは

ありません。

事務系の仕事でも起こりうるのです。

特に、責任感の強い人ほど、人に任せられない

ので、結局のところ技を受け継ぐことが

なかなかできないこともありますね。

本人は、まったく悪意がないので、これもまた

困ったものです。 

本人の責任感だけで判断すれば、そのままでも

いいのですが、会社は組織ですから、そのままでは

目標に到達することは永遠の課題になってしまいます。

そんな時は、本人だけに判断させず、周りの人も

巻き込んで仕事を分担させること。

また、技を覚える人に仕事を丸投げすることです。

小さい仕事を最初から最後までこなす回数を増やせば

増やす程、人は育ちます。

自分で考えるようになるからです。

このように、技を会社に残すことは避けられないので

ひとつずつ時間をかけて進めましょう。

 

【時代の流れをつかむ!
 気になるニュースをピックアップ】(Google+)
http://goo.gl/ulO8p
【評価の高かった過去Blog一覧はこちらから↓】

【経営の優先順位とは↓】

【公式サイト】
http://www.fujiwaratakeyoshi.jp/

藤原毅芳写真『知識への時間投資、それが最大の利益を導きます』
この投稿記事を書いたのは 藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)