スキマ時間に読める経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

スキマ時間に読めるビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

まっとうな意見を出しても答えを導けない

問題を解決するミーティングに

「正論」

を言う人がいます。

まちがっていないけど、現状把握を

正確にしただけで、なんら解決への導きに

なっておりません。

残念ながら、創造的なところから

遠ざかっていることになるのです。

どうして、こうなるのか?

それは、「答えを持っている」人の発言が

このような正論になるのです。

しかし、ビジネスでは、「答えを持っている」ことが

マイナスになるのです。

なぜなら、「将来の顧客」は「過去の顧客」と違うからです。

過去の解答が将来の解答になるとは限らない。

正論が将来は正論ではなくなっている、という意識が

欠けた瞬間に、現場から取り残されているのです。