fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

交渉できる人のレベルとは

ビジネスシーン

仕事において交渉ができる人は、

結果を出してきます。

どういうことか。

仕事では、他人に動いていただく、

依頼することがあり、そこがネックに

なります。

たとえば、入金をお願いするとすれば

「入金を◯◯までにお願いします」

と伝えるだけのレベルが普通。

ただ、それだと入金していただけない

ことも多いのです。

そんな時、交渉できる人は

「もし、◎◎ならば◯◯までに入金

していただけますか」

と条件提示をしながら駆け引きしています。

ここが仕事ができる人の分水嶺。

動いてもらえない相手をなんとかする技術を

持っていることが求められるわけですね。

ちょっとした差ですが結果の差は大きい。

はやく習得したい部分ですね。