fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

もう問題の先送りはしない

経営の判断をする時に、

『もう問題の先送りはしない』

ということを念頭において決断すべきです。

そうしないと、どうしても

「まだ、様子を見るか」

という迷いが生じます。

様子を見ることに意味がある場合もありますが

迷いから生じる先延ばしは、期間が

延びるだけで状況が好転することは少ない。

たとえば、利益の出ていない事業が様子を見て

利益が出るようになることが少ない、という

ことが現場ではよく発生しています。

新規事業、新規出店、新規進出など問題の先送りに

なりやすい事項です。

だからこそ、『問題の先送りはしない』とリーダーが

自分の中の決め事にしてしまうことですね。

 

藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。