fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

余裕があればチャレンジしない人、余裕がなくてもチャレンジしたがる人

余裕があればチャレンジしない人、余裕がなくてもチャレンジしたがる人

さまざまな会社を見ていると客観的に

感じることがあります。

チャレンジの大きさは、会社の状況には

まったく関係ない、と感じることもありますね。

たとえば、

資金的に余裕がない会社の人は

「資金があればチャレンジできるのに・・・」

とおっしゃいますが、実際に資金的に余裕ができても

大きなチャレンジはなかなかしない。

もともと資産がある会社も同様。

なぜか大きなチャレンジに向かうことが少ない。

どちらかといえば失敗しないことの方が評価されたり

しているのです。

では、大きなチャレンジする会社はどういう会社か。

どちらかといえば、現状から脱却したい会社が多いので

資金的に余裕がなくても大きなチャレンジをする。

現状脱却の欲求の方が、大きなリスクより勝っていることが原因。

そのため、まわりから見れば、ある意味危険なように感じるでしょう。

しかし、本人の中では整合性が取れているわけですね。

こうした背景をつかみながら組織運営を進めなければ

大きなチャレンジをさせることは不可能。

現状脱却したいと考えている人を1人でも増やすことですね。