経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

年々商戦時期がずれてきている

季節商戦は時期がある程度、確定していました。

売れる日時が予測できた、ということです。

それが、年々ずれている、といわれています。

うしろにずれていく場合、結局のところ

実質の商戦期間が短くなってしまうわけです。

売り場では早い段階から仕掛けてはいますが

実際の販売につながっていない、と推測されます。

この傾向は広がっているでしょう。

なぜならば、

「あわてて準備しなくてもよい(購入しなくてもよい)」

「ギリギリでもなんとかなるだろう」

というのがここ数年のキーワードだからです。

ネット通販の進化によって、短期間配送が可能になり

購買行動と購買意識が変容したと考えています。

意識が変わると、店舗での購買活動も同じような

傾向になる、ということ。

このあたりを理解したうえで販促などを考えていきたいですね。