fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

仕事をスポーツととらえる

sea

仕事は、スポーツみたいなものとして考えると

わかりやすい点がいくつもある。

スポーツは、ルールがあり、勝敗が決まる。

勝敗は数値(点数)ではっきりと決まる。

時間制限があるのもスポーツならではである。

また、アマとプロが分かれているのも

明確な点である。

モチベーションを考えてみると、スポーツでは

「なんとしてでも勝ちたい」

とか

「負けて悔しい」

という感情も激しいものがある。

では、仕事も同じように考えてみれば

仕事ができる人は、仕事をスポーツのように

接しているのではないだろうか。

あきらめず、勝ちにこだわったり、負けに

悔しがったりする姿を見ていると

仕事=スポーツ

なのだと実感する。

20代に仕事を教える時に、スポーツに

たとえて話しをすると理解しやすい、と

言われた。

だったら、仕事への取り組みも、スポーツと

同じように、ちょっと距離を置いて

・慌てず

・冷静に

接すればいい。

短期間に成果を求めず

・基礎練習

をしっかり行い、基本動作を身につけること。

これが適切な間隔であり正しい感覚ということです。