fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜隠れた事実を見抜き、現場を変え、経営の壁を超える。経営者の思考法 経営の展開図を公開〜

ITも指差し確認しかない

指差し確認

指差し確認

再発防止にならない

うっかりミスを防ぐ、といった課題に対しても

「ちゃんと確認する」

といった解決策がなされる。

 

しかし、再発防止にはならない。

うっかりミスは、ビギナーには起こらない。

 

ある一定以上のベテランに発生する。

そのため、再発防止策にどの企業も模索している。

 

KDDIが法人向けにメール誤送信を防ぐアプリを

開発した。

商品は下記動画になる。

2016Nazori Mail Checker

この商品はメール送信前に指差し確認するように

なっている。

 

指差し確認しなければ送信できないようにしているため

誤送信が防げる、というわけである。

 

うっかりミスは、結局のところ指差し確認でしか

解決しない。

 

それは、現場だけでなくパソコンで仕事をする方も

同じである。

 

日々同じ作業や入力をしている人ほど、指差し確認が

必要なのです。

 

事務所内では、指差し確認をすることが恥ずかしいと

いってやらない会社が多いですが、最後はそこに

戻っていくことになるのです。