経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

大事に大事に育てたい

 社内教育において何が正解なのでしょうか?
新人さんが入社して3ヶ月が経とうとしています。
各会社で、そろそろOJTが始まっているのでは
ないでしょうか。
先日もある会社を覗いたら、新人の方が
テレコールの最中でした。
「2件 アポイントをいただきました」
とうれしそうに報告していたのが印象に
残っています。
ここでは、テレコールの数をこなして
教育をしているわけです。
一方、
「大事に大事に育てていきます」
というリーダーもいらっしゃいます。
これもひとつの方法でしょう。
大事に育てる、と宣言する方は
過去に数年かかって人が育っていった
という成功体験がある方が多い。
これもまちがいではありません。
しかし、スピードの時代になった今では
新人教育はスピードが重要。
教育スピードを上げることで会社の
強さと利益を成長させることができるのです。
それには、集中的に数をこなすこと、です。
大事に育てながらでいいので、経験値は
「ちょっと忙しい」くらいにすることです。
どんなに大事に育てても本人の前には
壁は出てきます。
それが、早いか遅いか、だけです。
越えなければならない壁は早く越えてしまえばいい。
ただそれだけです。