経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

カー・シェアリングが普及すると1台につき??人が自家用車を手放す

「カー・シェアリングが普及すると、

シェアする自動車1台につき11人が自家用車を手放す」

という試算が出ています。

カーシェアリングは、

日本でも都心部では急速に広がっており、

休日のショッピングモールなどの駐車場では

必ず見かけるようになったと言われています。

自動車を保有する維持管理コストを考えると

使用頻度の少ない人たちはカーシェアリングに

流れていきます。

また、気軽なレンタカーとして代用されることも

増えています。

出張族が出張先でレンタカーを借りる時の手間を

考えると、カーシェアリングの方が楽なのです。

人を介在せず、手続き無しですぐ乗ることができる

わけですね。

今後、自動車産業のマーケットは縮小が加速する

かもしれません。

その分、カーシェアリングやレンタカーの市場は

広がっていくでしょう。

実際にこの10年でレンタカー台数は約2倍に

増加していますから。

http://gigazine.net/news/20160722-what-car-sharing-kill/