経営情報Web Magazine ファースト・ジャッジ

ビジネスリーダーのための経営情報Web Magazineファースト・ジャッジ

スマートフォンがクールダウン

iPhone7が発表されました。

発表後、メディアや専門家のコメントが

出始めています。

印象に残った記事としては

「スマートフォン クールダウン」

でした。

ようするに、スマホがピークを迎えた、という

ことです。

特にiPhoneはピークを過ぎたのではないだろうか

と想像されています。

他の記事では

「Appleは守りに入った」

といった論調も見受けられます。

今まで、世の中を変える革新性と

既存企業を乗り越える企業姿勢が評価され

そのようにブランド構築をしてきました。

そのため、普及しシェアが広がると逆の

立場になるわけです。

企業の経営としては、守りに入ったのではなく

シェア率の高い大手企業の戦略に移り変わった

といっていいでしょう。

ただ、今までファンだった顧客から見たら

「物足りない」

という印象は持たれるでしょう。

大手企業の戦略を優先しながらも革新性を

イメージさせられるかが、今後の勝負です。

注目したいところです。