fjコンサルタンツ 経営情報Blog

〜不利な状況でも経営を加速させる原理を公開〜

20年以上使っていたドコモを離れる

LINE MOBILE

20年以上使ってきたドコモ。

iPhoneが出た時に、ソフトバンクiPhoneを

追加したため、その後2台持ちが

続いています。

(当時はdocomoにiPhoneがなかったため)

ドコモの方は、電話ぐらいしか

使わなくなったため他キャリアを検討

していました。

今は、番号ポータビリティー(MNP)があるので

電話番号そのままで移行できること、

電話帳もクラウド化しているので

移行への障壁が低いことが意思決定へ

導いた形です。

あと、docomoの料金が負担に感じていた

ことが大きいです。

そのあたりは、ソフトバンクの方が

意識しているように感じます。

2年以上継続利用している顧客に

特典を出していますね。

(ソフトバンクの継続特典については

11月のブログ「リピートしていただく策」に

書いています)

キャリア移行は結局のところ

LINEモバイルにしました。

月額料金は約5〜8割は下がることになりそうです。

(通話料により変動)

料金システムは「ゼロレーティング」なので

SNS使用にはデータ通信料金がかからない

プランになっています。

実際の手続きも思っていたより楽でした。

これなら、今後もMVNO(仮想移動体通信事業者)

格安SIMへの移行は増加しますね。

 

 

 

【出張時に撮影した空の写真が300枚超】

【経営の優先順位とは↓】
 
藤原毅芳写真
この投稿記事を書いたのは経営コンサルタント  藤原毅芳 fujiwara takeyoshi (fjconsultants)
1971年生まれ 鎌倉市在住 fjコンサルタンツ代表 一般社団法人暮らし振興支援機構理事 単著8冊、監修1冊、海外翻訳出版1冊、講師として宣伝会議の『マーケターのためのPDCA実践講座』などで継続的高評価を受けている。2021年大手都市銀行シンクタンクの法人会員限定雑誌に『売れる仕組み〜マーケティングの基本』を執筆。『この世に残るべき企業を支援する』を軸とした考えで経営の現場で課題をスピード解決し企業を発展させている。公式Webサイトhttps://www.fujiwaratakeyoshi.jp/